コンテンツへスキップ

”同じピアノなのに、演奏者によって、まるで別のピアノを弾いているかのように聴こえる・・”
という経験は、実に貴重なものです。
発表会やコンクールの聴衆からよく聞かれる感想です。

その昔、ピアノはタッチが重く、強い音が出せること、速く弾けることが高く評価されました。
ピアニストを志す者の中には、ピアノに毛布をかぶせたり、鍵盤に鉛を入れて重くしたりして負荷をかけることで、指の強化を訓練していた人がいました。

変遷を遂げ、現在のピアノはタッチが軽く、いかに打鍵のコントロールが出来、多彩な音色が出せるか・・ということが求められる時代になりました。

打鍵のコントロールには、しなやかな身体の使い方と、微妙なニュアンスを聴き分けられる良い耳が必要です。
そして、ピアノという楽器は誰にでも簡単に音を出すことができるが故に、ちょっとやそっとのことでは他との差がつかないところが難しく、
たゆまぬ努力が 大切です。

重さ50g、深さ1㎝ の鍵盤のタッチを考えて、工夫して、練習して・・そして何よりも大切なのは感ずる心。
膨大なる時間と努力の結晶である珠玉の音は、人々の感動を生み出します。