コンテンツへスキップ

ご家族でのご旅行や帰省等、夏休みと言えば、
小さいお子さんのいる家庭では楽しみがいっぱい!

皆さん楽しく過ごされましたか。

成長した子供(大人?)のいる我が家は、
大学生の息子がこちらに帰省してくるのを待つ身分となりました。

そして、母の新盆が済み、やれやれと思ったところ、
今度は実家の父が8月20日に倒れ、急逝してしまいました・・。

特に持病はなく、本当に思いもかけないことでした。

最期に会った父の顔は穏やかで、早く母のところに行きたかった念願が
叶ったかのように半分嬉しそうに見えました。

元気な頃は、我が教室の発表会には、遠路はるばる両親揃って来てくれて、
「良い生徒さんたちに恵まれて、あなたも幸せだね。」なんて言ってくれました。

きっと今頃あちらでは、二人仲良く過ごしているのだろう、と思います。

実に様々なことがありましたが、私自身が元気でやっていられるのは、
まだ高校生の娘がいたり、ピアノの仕事があるから・・

日常の有り難みを大きく感じた夏休みの終わりでした。

元号が変わり、10連休となったゴールデンウィーク。

長男の一人暮らしの引っ越しがありました。

二十歳を過ぎて、いよいよこの時が来たなー、と
少し悲しくもあり、成長を喜ぶ気持ちもあり・・。

そんな最中、今度は実家の母の容態が悪化し、緊急入院。

5月17日、家族全員が見守る中、安らかに旅立って行きました。

天女のような素敵な戒名を授かり、その意味をかみしめながら、
まさに母の84年の人生は、美しい一生であったと 思っております。

健康第1に、そして家庭のこと、仕事、自分の勉強、
この3つをバランスよく進めること。

それが、我々子供に対する親の願いでした。

家族や、ピアノの生徒さん、私のことをご指導くださる先生、先輩方とのご縁を大切に、
今後も邁進していこうと思います。

7月の発表会まで1ヶ月半。落ち着いて準備できます。
頑張ります。

4月、太極拳 奥伝の審査に合格。

『真鍋小学校 桜コンサート』も、たくさんの方が聴きにいらしてくださり、
張り切って演奏することができました!

いつもこの2大イベントがある慌しい春の開幕、
今年はそれにオマケがつきました・・。

夫の職場と娘の学校環境が新しくなり、役所に書類を取りに行ったり、
提出書類を記入したり、ずい分忙しい新年度になりました。
(あと一つ、ひょっとして息子の引越しもあるかもしれない・・。)

あー、ピアノの前に座っている時が一番落ち着く😌

生徒さんたちも激動の春だと思いますが、
みんな元気に通って来て下さいます!

7/15の発表会に向けて、各自余裕を持って練習できているので、
今年は「ソロの曲を各々深めて演奏できますように。」
と、指導者として大きな目標を掲げております。

お家の方の賛助出演も多くのご希望があり、盛り上がりそうです!

元気に頑張ろー⤴︎

1

 穏やかな年明け🌅 晴天続き。カラカラ天気。
ピアノは乾燥しすぎもダメなので、そして風邪対策にも・・と置いてある、
スヌーピーの加湿器。すぐに水がなくなってしまいます💦

受験生にとっては長い冬かもしれませんが、どうか今までの努力を十分発揮できますよう、
祈るばかりです。
全てのことが水面下で急速に新年度の準備を始めています。
あっという間に春は来ます!

先日、大学生の生徒さんが所属している、ピアノ愛好会のコンサートに行きました。
クラシックのみならず、ドラマティックなゲーム音楽や自作曲など、
演奏レベルも高く、心より楽しむことができました。

プログラムノートも興味深く、
曲への想いを込めたコメントや、どんな時に弾きたいと衝動に駆られるか・・
などが記されてありました。

人生様々なことがある中で、彼らにとっては、
ピアノとは人生を支え、心豊かにしてくれるかけがえのない友達であることが伝わってきました。

我が教室の生徒さんたちも、
自分の弾くピアノの音に癒されたり、ピアノで何かを語れるような、そんな大人になってもらえたらいいな〜、と願っております。

出来るようになった時の喜びを大切にし、更に向上しようという気持ちを育めるよう、
指導者としても頑張りたいと心新たに思った1月でした。

私にとって平成とは、大変充実した時代であったと思います。
結婚、出産、育児と、常に変化のある中で、ずーっとピアノを続けてこられたことに改めて幸せを感じます。

平成最後になる30年は、とにかく、ステージの機会を沢山頂いた年でした。

歌や器楽の伴奏、ソロ、通算50曲以上になり、
「なんで私ばっかりこんなに大変なの?!」思ったこともありましたが、
数多くご指名を頂けたことに感謝し、必死に頑張りました!

12月に入りようやく一段落、セミナーに参加したり、ルーベンス展をゆっくり鑑賞したり・・と
本来の生活に戻ることができました。

レッスンの方では、今年初めて発表会に出演された生徒さん方も大分慣れて、
すっかり根を下ろし、すくすくとご成長し始めています。
そして、先輩生徒さん達は、この冬休み中に大曲の譜読みを・・としっかり心得て頑張っています。

今晩には除夜の鐘が鳴ります。良い年でした。

昨日は太極拳の試験がありました。
これから夏まで、怒涛のように(すみません、ちょっと大げさ^^;)本番が続き、その幕開けとなりました。

1年前に初伝を受けた時は途中で真っ白になってしまい、悔いが残る思いをしましたが、
今回は流れに乗って無事にクリア。中伝の合格を戴きました。

本番に臨むにあたって、太極拳では「特訓」と称した放課後練習があり、個々に細部のご指導を頂けます。
指導を受けた皆さんのご成長は、実に目を見張るものがあります!

ピアノの方では、勉強会ではなく演奏会ということで、いつもと違った観点から大変有意義なレッスンを受けることが出来ました(内容はそのうちコラムにまとめられるよう頑張ります)。

緊張することが多く楽をしたいと思う時もありますが、この年齢で親身なアドバイスやご指導を受けられることに、つくづく幸せを感じます。

4月、5月、7月で合計6回の演奏の機会。先は長いぞー。

まずは順調にすべりだしたところです。

明けましておめでとうございます。

お正月、成人式と、おめでたい行事があり、またたく間に2週間が経ちました。
お正月は娘と池袋へショッピングに出かけました。
東急ハンズで「快足三昧」(足つぼボードです。最近少しハマってる?)、サンシャインシティにオープンしたスヌーピータウンで可愛いグッズ(相変わらずのファン!)を買い、楽しみました。

レッスンも順調にスタートし、皆さんと「今年もよろしくお願いします。」と挨拶を交わすのも新鮮です。
「今年は○年生になるのね。」というと、皆嬉しそうにニッコリ😃
体験レッスンや見学のお申し込みもあり、新しい出会いがありました。

今はまだ寒いけれど、確実に春の気配を感じ、土の中で芽を出す準備が始まっているかのような年明けです。

自分の演奏も春に本番を控え、ヴァイオリンと合唱の伴奏を18曲!も抱えており、着々と準備を進めているところ。

昨日は、我が家の玄関前にある沈丁花のつぼみもずい分膨らんでいるのに気付き、ビックり!
受験で頑張っている生徒さんたちに「もうすぐ春が来るから頑張って‥。」と、心の中でエールを送っています。

2018年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2017年も、いろいろなことがありました。
ホームページのおかげで、沢山の方と知り合うことができました。
ピアノのお教室をお探しの方はもちろん、ブログを見て下さっている方からも大変嬉しいコメントを頂いたり、新しい世界が広がった1年でした。

先日、オープン間もない土浦アルカスの図書館に行き、冬休みにじっくり読みたい本を借りてきました。
その中の1冊「ピアニストの系譜」の巻末にある系図を見て、「なるほど、このピアニストの源はここであったか!」と心底納得。
演奏によって、やはり系統がわかるものですね。伝統が脈々と受け継がれていることを確信し、感動しました。 吹けば飛ぶような私ですが😅、それでも素晴らしい先生方に出会い、得たことをしっかり皆さんに伝えたいと思いました。

あともう1冊、「ドクターがすすめる楊名時健康太極拳」。
こちらの方は、まだ初心者ですが、流れをひと通り覚えたところで改めて、師家の意識に対する注釈を見ると深く納得。
稽古を積んで内面の動きを深めていくと、自然と形に表れるところが大変面白いです。

などなど、思いを馳せている年末ですが、おっと食事の支度⁉︎ あ〜主婦業&母親業も続く・・。

今年はずい分と涼しい夏で楽な反面、これだけ涼しい日が続くと、あとが怖いような…複雑な心境です。

自分の為のまるまる1週間の夏休みは、読書、ICレコーダーの整理をしました。
本番前のレッスンや練習で必死に録り、たまってしまったものを1つずつ確かめて、消去したり、保存したり…とってもよい勉強になりました。特に、時が少し経ってから改めて聴くと客観的に判断できるので、今後の課題がはっきりと見えて来ました。

レッスンの方では、しばらくぶりに再会した生徒さんが集中レッスンに来てくださり、難しい曲をバリッとカッコよく弾けるようになってくれて大感激!
大人の生徒さんも秋のコンサートやコンクールに向けて練習が始まりました。
学生の皆さんもお出かけの合い間をぬって、今は各々基礎に戻り、じっくりと取り組んでいます。
来年発表会はどんな曲が弾けるだろうか、と楽しみです。

8月後半は、宿題の進行も気になる時ですが、がんばって乗り切っていきましょう!

趣味で始めた健康太極拳、いろいろな発見があり、本業のピアノと結びつくことが多く、すっかりはまっています。

13日は初伝の試験を受けました。しかしながら、途中でふいに次の動きがわからなくなり…ピアノで暗譜を忘れてどっきり冷や汗!の気持ちを改めて味わってしまいました!!
初伝(一番易しい)だったので、先生からは「良く出来ました。合格です。」とのお言葉を頂きましたが、本人心の中で「来年の中伝でリベンジするぞ〜」と固く誓った(?!)一日でした。

1年前に始めて、初心者の生徒の気持ちに久々にかえり、きっとその頃はピアノレッスンも超優しかったかも。
そして、年に1回の発表会、「今年こそは、」と思っている方もいるかも…と何でも我田引水にしてしまうのですが、
とにかく面白い!今日もレッスン頑張るぞ〜。